スイス〜イタリア〜ドイツ

暑中お見舞い申し上げます。 酷暑の折、いかがおすごしでしょうか?

こまめに水分、クエン酸、塩分を摂ってくださいね。

さて、先月はヨーロッパで弾いておりました。

6月の初めはスイスのルガーノという街へいきました。ここで毎年

行われる、ルガーノ音楽祭の中の”マルタ・アルゲリッチ プロジェクト”で

ブゾーニを演奏させていただきました。凄腕の音楽家たちに囲まれ、暖かい

お客様の中で演奏できて本当に嬉しかったです。

このブゾーニの曲は、最初勉強を始めた時は「うわあ、、、なんじゃこりゃ」

と思うほど意味不明だったのですが、勉強を重ね、リハーサルを重ねる毎に

多彩なキャラクターを楽しむ方法が見つかり、本番を楽しむことができました。

個々は全体を組織する細胞かのように、このセンスはスクリャービンに通ずる

ところがあるような気がしました。

IMG_3229IMG_3337

 

IMG_3223IMG_3216

 

ルガーノを辞したあと、友人とミラノへ寄り、ミラノ記念墓地に眠るトスカニーニと

ホロヴィッツにご挨拶。 ご存知の方も多いはずですが、ホロヴィッツの奥様はトスカニーニの

娘にあたるワンダ夫人。なのでご家族として同じ墓所に眠っています。たった一音でも良いから

上手くなりたい!と思いショパンの楽譜を持ってパシャリ。こんな格好のアジア人を不思議に

思わない人がいないわけもなく、巡回の警備員がなんどもなんども偵察にきました。笑

IMG_3265IMG_3244

 

ご挨拶もすみ、一路ドイツへ。ベルリンで数日を過ごしたのち、BadRehburgと

ALTENAという街でリサイタルをしてきました。会場などの写真を撮る余裕がなかったので

ここにお見せできないのですが、どちらも暖かい雰囲気で、響きも透明で、そして

お客様も本当に素敵で、もちろん弾いてる間はただただ一生懸命ですが、終わった後

とてもホッコリできる演奏会でした。

主催の方に言われた一言に救われ、報われ、ベルリンへ戻るICEの中で涙がでました。

彼らに次も喜んでもらうために、気持ち新たにまた勉強していこうと思います。

 

最後に使ったエネルギー分の肉を摂取。ドイツ料理もなかなかですね?笑

IMG_3301IMG_3323

IMG_3299

コメントをどうぞ

search